必要な技術

ホームページ作成に必要な技術を知る

必要な技術企業サイトでは、時に高機能な技術が使われている事があります。ブラウザで表示するクライアント部分は、HTMLとJavaScriptとCSSを使って開発が行われますが、ブラウザに搭載されているHTMLレンダリングエンジンやJavaScriptエンジンの高機能化と高速化によって、3D表現が出来たり、アニメーション表現が出来るようになっています。サーバーサイド側では、PHPやRubyやPythonなどのプログラミング言語とデータベースを使って、データベースに登録したデータを色々なデータに加工して、そのデータをWebサイトで活用するようにしています。

近年、企業で導入が進んでいるクラウドサービスの多くは、サーバーサイド側のプログラムとクライアント側のプログラムの高機能化によって実現しています。
ホームページ作成を行う場合、基本的なページを作成するだけであれば、HTMLなどのWeb標準技術を使って開発を行えます。
ワープロで文書作成をするような感覚でWISYWIGを採用したWebオーサリングツールの利用によって、より容易にページ作成が可能です。

一方で、企業サイトではメンテナンス性やデータベースとの連携が重要になってきますので、サーバーサイドプログラムを構築していく事も大切です。
このようなサーバーサイドプログラムとデータベースとの連携を図ったホームページ作成を行う場合に容易な方法としては、CMSの導入があります。
CMSでは、テンプレートを使ってページを出力していく仕組みになっており、各記事はデータベースに登録されますので、使い方によっては情報を蓄積する為の手段として有効です。

大量のページが必要な場合、ホームページ作成を行う時に、一ページずつページを作っていきますと時間が掛かってしまいます。
しかし、CMSを使えば、一つのテンプレートを使って大量のページが生成出来る上に、記事コンテンツをカテゴリー毎に分けられますので、商品やサービスなどを提供しているオンラインショップなどの運営には重宝します。

ホームページ作成には、色々な技術が必要になりますが、近年ではツールやフレームワークなどによって、面倒な事をラッピングしてくれていますので、かつてほどホームページ作成が手間の掛かる作業になっていません。
CMSを使えば、高機能サイトを作りやすく、企業は、コンテンツの作成に集中する事が出来る環境を作り上げる事が可能となります。